イメージ画像

スチール製横根太へフロアーフック(床フック)は取付け出来ますか?

Q:日野デュトロのカーゴ2t純正ボディ、床板約15mm、スチール製の横根太ですが、フロアーフック ツバ切型 2t用や、フロアーフックツバ切型 2t用 4.5t押えは、取付け可能ですか?

A:取り付けで問題になるのが、横根太の部分だと思います。
横根太の材質が、木製であれば、フロアーフック(床フック)を取付けた際の高さ(厚さ)方向の調整が、根太を削る事で出来ますので、床面からフックが出過ぎる事が無いと思いますが、スチール製の横根太ですと、削る事が出来ませんので微調整が効きません。
またスチール製の横根太は、フロアーフック(床フック)を取付けるボルトの処理にも困ります。木製の横根太の場合は、横根太に対して10mmもしくは12mmのボルトを突き通してフロアーフック(床フック)を取付けます。しかしスチール製の横根太の場合は、形状がチャンネル型になっており、ボルトを突き通す事で出来ませんのでスチールの板厚(通常2.3mm~3.2mm)のみでフックを支える感じになってしまいます。これでは強度的に問題がございますので、相当に低い荷重にしか耐えられないと思います。当社のお客様のトラック専門の架装業者様の事例ですと、スチール製の横根太にハット型(帽子型)の補強材を設置し、その補強材を挟み込むように横根太にボルトを突き通してフロアーフック(床フック)を設置したのを見た事がございます。これで強度を増したと考えられます。
何れにしましても、スチール製の横根太にフロアーフック ツバ切型 2t用や、フロアーフックツバ切型 2t用 4.5t押えを取付ける際は、必ず経験のあるトラック専門の架装業者様にご相談頂きますようお願いします。

タグ

2016年5月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:フック各種

三価メッキと亜鉛メッキはどのように違いますか?

Q:ヤマダボディーワークスPROのフック各種などの商品には、下記のような商品の説明に、三価メッキと表示された物があります。これは、亜鉛メッキとどのように違いますか?

三価メッキと亜鉛メッキの違いについてフロアーフック ツバ切型 4t用の例
三価メッキと亜鉛メッキの違いについてフロアーフック ツバ切型 4t用の例

○商品の説明
材質//スチール
寸法//横:140×縦:156mm、厚み:19mm、リング径:φ12.7、押金厚み:4.5mm、重量:0.64kg 
表面処理//三価メッキ

A:先ず、三価メッキとは三価クロメートの事を指します。
亜鉛メッキは、そのままの状態では変色・腐食しやすいため、クロメート処理を行います。当社の商品で行われている処理が、三価クロメートです。三価クロメートは、亜鉛メッキ後の後処理として耐食性付与の為、三価クロムのクロメートの薄い皮膜を付けることをいいます。
 
以前のトラックパーツ業界では、このクロメート皮膜は六価クロムが主流でした。しかし世界的な地球環境問題への意識の高まりの中、JAMA(日本自動車工業会)の自主規制により、環境負荷物質である六価クロムの2008年以降の使用禁止が通達されました。その為、六価クロムの代替えとして、毒性の無い三価クロムによる三価クロメートが主流となりました。
※通達ではランニングチェンジが可能の為、六価クロメートの製品もまだごく一部存在します
 
ヤマダボディーワークスPROの掲載商品で六価クロムを使用していない場合は、三価メッキと明示しております。

タグ

2014年2月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:フック各種

プロパンガスボンベ運搬トラック用のフックはありますか?

Q:プロパンガスボンベ運搬トラック用のフックはありますか?

プロパンガスボンベ運搬トラック

A:プロパンガスボンベ運搬トラックに使うフックは、画像のようにガスボンベをラッシングベルトなどでトラックに固定する為に使うフックです。画像の赤丸のように、ガスボンベを囲う角パイプのフレームに溶接したり、トラックのアオリに固定用の枠を設置してそこにフックを溶接したりして使います。

ダンプフック12.7mm

以前は、画像のようなダンプフックを利用するボディメーカー様もいらっしゃいました。しかしこのフックは、ダンプボディの側面下部に設置する為の製品で曲がりの角度が甘く、ガス切断機の炎であぶって曲がりの角度をきつくする必要がありました。曲がりの角度をきつくする作業は大変面倒な事です。

ロープフック 12mm

あるボディメーカー様の事例として、ロープフック 12mmを、ガスボンベをトラックに固定する為のフックとして使うお客様がいらっしゃいます。
この商品は、フックの逆側にも出っ張りがあります。

ロープフック 12mm利用例

プロパンガスボンベ運搬トラックに使う場合、画像のようにその出っ張りを切断して設置します。
しかし、ロープフック 12mmは、径:φ12なので強い荷重が掛かる場合は使えません。

タグ

2013年5月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:フック各種

このページの先頭へ