イメージ画像

新法規対応の反射器について教えて下さい

Q:平成25年1月1日施行の新法規対応の反射器について教えて下さい

A:平成25年1月1日以降に新規登録される自動車には、以下の新法規に対応した反射器を取り付けなければなりません。
国土交通省より条文を抜粋します。

細目告示別添52抜粋
3.19.可動構成部品は、灯火等が可動構成部品上に取り付けられているかどうかにかかわらず、通常の使用位置以外のあらゆる固定位置において、車幅灯、尾灯、前面及び後面に備える方向指示器、前部反射器並びに後部反射器の照明部の50%を超えて覆わないものでなければならない。ただし、本規定に適合できない可動構成部品であって次のいずれかに該当する場合にあっては、この限りでない。
3.19.1.灯火等の基準軸方向の見かけの表面の50%を超える部分が可動構成部品により覆われるときに、当該灯火等について規定された取付位置、幾何学的視認性、色及び光度に係る基準を満たす別の灯火等を作動させることができる。

要約しますと、「リアのアオリやテールリフト・テールゲートなどの可動構造物のあらゆる固定位置において、車輌後部の反射器を50%を超えて覆ってはならない」との事のようです。
新法規の趣旨は、夜間リアのアオリやテールリフト・テールゲートを下げたり可動し、後部反射器が覆われた状態で停車中のトラックに他の車両が追突する事を未然に防ぐ事を目的としているようです。

3M R3リフレクター RR-1001 1A 18160GT8
新法規対応 3M R3リフレクター RR-1001 1A 18160GT8

画像は、新法規に対応した反射器 3M R3リフレクター RR-1001 1A 18160GT8です。
従来型の反射器ですと、床枠の狭い2tトラックではリアのアオリを下げた時に反射器が隠れてしまいました。

新法規対応の反射器_1

しかし新法規対応の反射器 3M R3リフレクター RR-1001 1A 18160GT8は、細長いので床枠の狭い2tトラックでも、画像のような床枠の上面とアオリ蝶番の軸の僅かなスペースに設置できます。

新法規対応の反射器_2

このスペースに設置出来ますと、アオリを下げた状態でも後方から来る車輌からの視認を妨げません。また両面テープタイプですので、設置も非常に簡単です。

タグ

2013年3月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:法規制

トラック車輪止め/歯止めを値下げしました

タグ

2013年3月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:アナウンス

安価なステンレスフェンダーの取り扱いを開始しました

ステンレス角型フェンダー4t用FW50型 中間鋼種
ステンレス角型フェンダー4t用FW50型 中間鋼種

 ヤマダボディーワークスPROでは、安価なステンレス角型フェンダー4t用FW50型 中間鋼種の取り扱いを開始しました。
 この製品の特長は、使用されている材質をステンレスSUS304から、ステンレスNSSC180に変更する事で一枚当たり3,150円ものコストダウンをはかった事です。
 ステンレスNSSC180は、ステンレスSUS304と同等の耐食性を持つと言われますが、実際は若干落ちます。ですから、雪上走行をするお客様にはお勧めしませんが、雪の降らない地域のお客様には問題ございません。最大手のボディーメーカー「日本フルハーフ」様でも採用されている材質で、他のボディーメーカー様でもフェンダーとして利用されている実績が何年もございます。

ステンレス角型フェンダー4t用FW50型 中間鋼種を是非ご検討下さい。
【ご注意点】
・融雪剤が付着しましたら、速やかに洗い流して下さい。付着した跡が残ってしまいます。
・ステンレスNSSC180は、ステンレスSUS304と違い磁石が付きますのでご注意下さい。
・ステンレスNSSC180の詳細につきましては、御社のステンレス工具箱はなぜ磁石がつくのですか?をご覧下さい。

雪上走行するお客様には、定番のステンレスSUS304品ステンレス角型フェンダー4t用FW50型をお勧めします!

タグ

2013年3月7日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:アナウンス

このページの先頭へ